選択の条件

有料老人ホームというのは民間が運営している老人ホームのことを言います。多くの場合は医療法人や福祉法人が運営していることが多いですが、高齢化社会の需要をみこして、不動産会社などが運営している場合もあります。有料老人ホームは高齢者が生活するための施設ですが、利用者の身体レベルに応じたいくつかの種類があります。 一つ目は自立型の有料老人ホームです。自立している高齢者が入所します。食事や入浴、安否確認などの生活支援を受けながら生活しますが、身体機能が低下し、介護が必要になると施設をかわる必要があります。 自立型のほかには住宅型の有料老人ホームと介護つきの有料老人ホームがあり、現在ではこの二つが主流になってきています。

住宅型有料老人ホームの場合には、基本的に屋内の移動が自立しており、身の回りのことは自分で出来ることが必要です。しかし、介護保険制度を利用して外部の会社にヘルパーを頼んだり、通所サービスを利用したりすることが可能です。 介護つき有料老人ホームの場合には施設に介護スタッフが常駐しているため、日常生活の介護を受けることが出来ます。例をあげると食事や排泄、入浴などのサービスです。介護つき有料老人ホームの場合には、介護サービスに関してのみ、介護保険を利用することが可能で、1割の自己負担でサービスが利用できるようになっています。有料老人ホームは民間運営のため、施設によって設備が大きく違います。高級なものではレストランやプール、カラオケ、美容院などがついているものもあります。