安心するために

有料老人ホームは高齢者が生活するための施設です。中には元気で自立した生活が可能な人もいますが、多くの場合は日常生活を自分だけで行うことが難しくなったことを機会にして入所します。家事や日常生活において手助けや介護が必要な人が入所者のほとんどをしめます。そのため、有料老人ホームのスタッフの多くは介護士になります。介護士の仕事内容は施設によって異なり、食事や入浴の援助、書類作成、買い物などの生活支援程度のサービスを提供するだけのところや、必要な日常生活の介護をすべて行う施設まであります。また、多くの場合は看護師をスタッフとして雇っており、利用者の健康管理や、もしものときの救急対応、感染症予防などを行っています。

有料老人ホームは民間サービスのため、設備には大きな違いがあります。中には高所得者を対象にしたホテルのような有料老人ホームもあります。必ずある設備としては、ベッドやトイレ、浴室、食堂、レクリエーションルームなどになります。基本的にはバリアフリーになっており、屋内での段差はありません。また廊下やトイレ、浴室の要所には手すりがつけられ、安全に過ごせるようになっています。多くの場合は食堂とレクリエーションルームは兼用になっています。 高級な有料老人ホームではレストランがあるところがあり、毎日自分が好きなものを食べることが出来たり、趣味のためのカラオケやプール、ゲームルームなどが完備されているところもあります。